ビタミンCについて

ビタミンcイメージビタミンCはその抗酸化力で、老化や病気を引き起こす活性酸素から細胞や組織を守ります。
悪玉 (LDL)コレステロールが酸化することでできる過酸化脂質の生成も抑えます。
また、コラーゲンが体内で合成されるときに補酵素として働きますが、コラーゲンは肌だけでなく、身体全体のたんぱく質の3分の1を占めていて、細胞の結合を強め、血管、筋肉、骨を丈夫に保つ働きがあります。

ビタミンCの健康効果

・皮膚のシミ・しわ・たるみの予防
・動脈硬化症の予防
・免疫力を高める
・ストレス緩和
・貧血の改善

ビタミンCが不足するとどうなる?

・壊血病になりやすくなる。
・鉄欠乏性貧血になりやるくなる。
・食欲不振。
・下半身がむくみやすくなる。
・歯茎から出血しやすくなる。
・傷がなおりにくくなる。
・アザができやすい。
・皮膚が乾燥しやすくなる。
・毛髪の乾燥やねじれ。

ビタミンCが必要なのはどんな人?

紫外線を浴びる機会が多い人、喫煙者、受動喫煙している人、激しいスポーツをしている人、ストレスを感じている人、大気汚染など、化学物質にさらされている人は、特にビタミンCが必要になります。

摂取目安

100mg

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても体内に排出されます。通常の食事では過剰になる恐れはありません。サプリメントで長期に摂り過ぎると、吐き気、下痢、腹痛といった胃腸への影響が出る可能性があります。腎機能障害がある人が過剰摂取すると、腎シュウ酸結石のリスクが高まることが報告されています。
ワルファリン(抗凝固剤)やエストロゲン、高脂血症治療薬を服用している人は、相互作用に注意が必要になります。

ビタミンCを多く含む食べ物

赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、カリフラワー、にがうり、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいも、パセリ、海苔、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、ネーブル、はっさく、ぽんかん、いよかん、パイナップル、グァバ、柿、緑茶など。
ビタミンCは光や熱、空気(酸素)に対してとても不安定です。食品中のビタミンCは保存や調理、加工などで多くが失われてしまいます。


成分一覧