セレンについて

セレンは、身体の抗酸化作用や甲状腺ホルモンの代謝に重要な役割を担っている必須ミネラルです。身体にはセレンを含むたんぱく質が25種類あり、その中には、酸化に対する防御機能、甲状腺ホルモンの活性化などの機能を持つものがあります。セレンはビタミンEやビタミンCと強調して、活性酸素から身体を守る作用があります。また、ヒ素や水銀などの毒性を軽減する作用もあります。

セレンの健康効果

・代謝を促進する
・活性酸素を分解する
・生殖機能を健康に保つ
・体内の有害物質の毒性軽減と排出
・血圧の調整
・がんの予防

セレンが不足するとどうなる?

セレンが欠乏すると、爪の異常や毛髪の異常,貧血が起こりやすくなります。ほかにも、甲状腺機能低下、心筋症、筋痛症、筋炎、溶血、細胞性免疫障害のリスクが高くなると言われています。

セレンが必要なのはどんな人?

貧血の人、疲れやすい人、生理中の人、妊娠中の人、成長期の子ども、強度の運動をする人

摂取目安

男性 7.0~7.5㎎
女性 6.5~10.5㎎

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

日本の土壌にはセレンが多く含まれているので、国産の野菜や肉を食べていれば、必要量を満たすことができます。サプリメントなどでセレンを過剰に摂取すると、脱毛、しびれ、嘔吐という症状が起こる恐れがあります。

セレンを多く含む食べ物

かつお節、あんこうの肝、たらこ、マグロ、カツオ、ズワイガニ、マアジ、アマダイ、マサバ、ブリ

成分一覧