リンについて

リンイメージリンは、カルシウムの次に体内に多く存在するミネラルです。
体内のリンの約80%がカルシウムやマグネシウムと結合して、骨や歯になります。
残りの大部分は、たんぱく質や脂質、糖質などと結合し、細胞膜のリン脂質やDNAやRNAなどの核酸の構成成分として、あらゆる細胞に存在しています。
脳のリン脂質も、リンから作られているので、脳のためにも欠かせないミネラルです。
ほかにも、エネルギーの貯蓄など、リンは細胞の生命活動に欠かせない栄養素です。

リンの健康効果

・骨や歯を丈夫にする
・エネルギーを蓄える
・神経や筋肉の機能を正常に保つ

リンが不足するとどうなる?

リンが不足すると、心筋症(横紋筋変性)、溶血性貧血、骨格筋症、骨強度の低下、くる病などのリスクが高まります。

リンが必要なのはどんな人?

リンは多くの食品に含まれているほか、食品添加物として加工食品に使用されているので、不足することはまずありません。加工食品を利用することの多い現代人は、過剰に摂っている可能性があります。

摂取目安

男性 1000㎎
女性 900㎎

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

血液中のリン濃度が上がると、体内でカルシウムとのバランスが悪くなり、骨から血液中にカルシウムが放出されます。その結果、骨のカルシウム量が減少するので、骨が弱くなる、肝機能が低下する、副甲状腺機能の亢進などのリスクが高まり、腎臓にも負担がかかることがあります。

リンを多く含む食べ物

プロセスチーズ、煮干し、干しきびなご、高野豆腐、わかさぎ、卵黄、アーモンド

成分一覧