ビオチンについて

ビオチンイメージビオチンは他のビタミンB群と同じく、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝に関わっています。皮膚炎を予防する物質として発見されたビオチンは、皮膚や粘膜の健康に欠かせない栄養素です。
ビオチンは抗炎症物質の生成に関わっているので、アレルギー症状を緩和する作用もあります。ビオチン欠乏症は、リウマチ、シェーグレン症候群、クローン病などの免疫不全症や糖尿病にも関係していると言われています。

ビオチンの健康効果

・脂質・糖質・たんぱく質の代謝
・皮膚や粘膜の健康維持
・アレルギー症状の緩和
・爪の健康維持
・脱毛、白髪の予防

ビオチンが不足するとどうなる?

・疲労感、脱力感、倦怠感。
・食欲不振、吐き気。
・うつ症状が出やすくなる。
・皮膚炎、脱毛、白髪。
・筋肉痛、むくみやすくなる。

ビオチンが必要なのはどんな人?

腸内環境に問題がある人、抗生物質を長期間服用している人、妊娠中の人は特に必要になります。

摂取目安

50μg

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても体内に排出されます。通常の食事では過剰になる恐れはありません。

ビオチンを多く含む食べ物

レバー、魚介類、乳製品、大豆、ピーナッツ、卵、ほうれん草、グレープフルーツ、カリフラワー

成分一覧