成分

他のカテゴリを選ぶ

成分

銅は、赤血球の形成を助け、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素。銅が不足すると鉄欠乏性貧血や骨粗しょう症、動脈硬化を招きやすくなります。健康のために知っておきたい銅の作用、さらに銅を含む食品をご紹介します。
成分

カリウム

カリウムは、体液の浸透圧を正常に保つ役割があり、ナトリウムの排泄を促します。近年の研究でカリウムの摂取を増やすことで血圧の低下、脳卒中の予防につながることが示唆されています。健康のために知っておきたいカリウムの作用、さらにカリウムを含む食品をご紹介します。
成分

硫黄

硫黄はミネラルですが、髪の毛や皮膚、爪などのたんぱく質を合成する働きを持っています。硫黄は単独ではなく「システイン」というアミノ酸に含まれているため、硫黄を多く含む食品とはシステインを多く含む食品で、肉、魚、卵、アブラナ科の野菜、ネギ類です。ニンニク、玉ねぎ、ニラなどネギ科の野菜の臭いは硫黄の成分がもたらすものです。硫黄は、ビタミンB群と共に糖質・脂質の代謝に働きかけ、有害ミネラルの蓄積を防ぐなど重要な働きをしています。
成分

葉酸

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、細胞が増殖する際に細胞中のDNAやRNAの合成に関与するという重要な役割を担っています。細胞の分化の盛んな胎児は特に葉酸が重要になります。健康のために知っておきたい葉酸の作用、さらに葉酸を含む食品をご紹介します。
成分

リン

リンは、カルシウムの次に体内に多く存在するミネラルで、カルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯になります。健康のために知っておきたい細胞の生命活動に欠かせないリンの作用、リンを含む食品までご紹介します。
成分

フラボノイド

フラボノイドは、植物由来の抗酸化物質であるポリフェノールの一種の総称で4,000種類以上もあり、身体の生理調節機能に働きかけることが分かっていて機能性成分として注目されています。健康のために知っておきたい葉酸の作用、さらにフラボノイドを含む食品をご紹介します。
成分

パントテン酸

パントテン酸は、ビタミンB群の仲間で、体内のエネルギーの代謝に関わっています。コレステロール低下作用、善玉コレステロール増加作用など様々な作用を持ち、副腎皮質ホルモンの合成にも関わっています。健康のために知っておきたいパントテン酸の作用から含有する食品までご紹介します。
成分

ビオチン

ビオチンは他のビタミンB群と同じく、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝に関わっています。皮膚や粘膜の健康に欠かせない栄養素で、アレルギー症状を緩和する作用もあります。健康のために知っておきたいビオチン酸の作用から含有する食品までご紹介します。
成分

カロテン

カロテンは、皮膚、粘膜、目、全身の健康に関わる栄養素です。アルファ-カロテン、ベータ-カロテン、ベータ-クリプトキサンチンの3つは、体内に入ると必要に応じてビタミンAに変換されて、皮膚や粘膜を健康に保ちます。そのほかにも、成長の促進、免疫や味覚などにさまざまな作用があることがわかっています。
成分

カルシウム

カルシウムは身体の機能維持や調節に欠かせない微量栄養素です。必須ミネラルのなかでもカルシウムは体内に最も多く存在するミネラルで、骨や歯を作っています。健康のために知っておきたいカルシウムの作用から含有する食品までご紹介します。
成分

ビタミンK

ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、紫外線を浴びると生成されるビタミンD3と一緒に摂取することで骨密度を上げる働きがあり、血液を凝固させる物質を作るのにも必要なビタミンです。健康のために知っておきたいビタミンKの作用から含有する食品までご紹介します。
成分

ビタミンE

ビタミンEは細胞膜にあり、活性酸素から細胞を守っています。血管や肌・細胞などの老化防止だけでなく、生活習慣病の予防にも効果があります。健康のために知っておきたいビタミンEの作用、さらにビタミンEを含む食品をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました