ビタミン

成分

コバルト

コバルトはミネラルの一種で、ビタミンB12の構成成分です。悪性貧血を予防するほか、神経の機能を正常に保つために役立つ成分で、動物性食品に多く含まれています。健康のために知っておきたい、必須ミネラルのひとつであるコバルトの作用、さらにコバルトを含む食品をご紹介します。
成分

葉酸

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、細胞が増殖する際に細胞中のDNAやRNAの合成に関与するという重要な役割を担っています。細胞の分化の盛んな胎児は特に葉酸が重要になります。健康のために知っておきたい葉酸の作用、さらに葉酸を含む食品をご紹介します。
成分

ビタミンK

ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、紫外線を浴びると生成されるビタミンD3と一緒に摂取することで骨密度を上げる働きがあり、血液を凝固させる物質を作るのにも必要なビタミンです。健康のために知っておきたいビタミンKの作用から含有する食品までご紹介します。
成分

ビタミンE

ビタミンEは細胞膜にあり、活性酸素から細胞を守っています。血管や肌・細胞などの老化防止だけでなく、生活習慣病の予防にも効果があります。健康のために知っておきたいビタミンEの作用、さらにビタミンEを含む食品をご紹介します。
成分

ビタミンD

骨の健康だけでなく、肥満やがんリスクの低減など、さまざまなはたらきがあることが近年わかってきた注目のビタミン。ビタミンDには、D2とD3があり、2つを総称してビタミンDと呼んでいます。ビタミンDの特徴や働き、ビタミンDを含む食品をご紹介します。
成分

ビタミンC

ビタミンの中でも最も知られているビタミンC。ビタミンCはその抗酸化力で老化や病気を引き起こす活性酸素から細胞や組織を守り、悪玉コレステロールが酸化してできる過酸化脂質の生成も抑えます。健康のために知っておきたいビタミンCの作用、さらにビタミンCを含む食品をご紹介します。
成分

ビタミンB6について

ビタミンB6は、たんぱく質からエネルギーを生産するのを助けます。皮膚や粘膜の健康維持のほか、ドーパミン、セロトニン、アドレナリン、GABAなど多くの神経伝達物質にも関わっています。アレルギーやPMS、つわりを緩和する効果もあります。
タイトルとURLをコピーしました