ビタミンB12

ビタミンB12は、植物性食品にはほとんど含まれていない栄養素です。ビタミンB12は細胞の分裂、成長、エネルギー生産をコントロールしている核酸を合成し、細胞組織に必要な脂肪酸の合成にも関わっています。神経の働きにも不可欠で、DNAやたんぱく質の合成の調節や補酵素として様々な代謝に関わっています。

ビタミンB12の健康効果

・細胞の分裂を正常に維持する
・脂質をエネルギーに変える
・神経を正常に維持する
・睡眠を改善する
・動脈硬化の予防
・筋肉の疲労回復
・脳の疲労回復
・血管壁を強くする

ビタミンB12が不足するとどうなる?

・息切れ、めまい、動悸、だるさ、食欲不振
・睡眠障害
・手足のしびれ・痛み、
・集中力の低下、物忘れ
・動脈硬化(血液に含まれるアミノ酸の一種、ホモシステインが増えるため)
・意欲の低下、抑うつ気分、イライラ
・成長障害、発達障害、運動障害、脳発達障害、心機能低下、排尿障害
・舌炎、
水溶性ビタミンのため、過剰に取りすぎた分は尿中へ排泄されます。

ビタミンB12が必要なのはどんな人?

ベジタリアンの人、胃が弱っている人、胃酸が減ってくる中高年、

摂取目安

2.4μg

ビタミンB12を多く含む食べ物

穀物の胚芽、豚肉、レバー、うなぎ、ぶり、かつお、豆類、海苔、貝類