マリーゴールド由来ルテイン+ゼアキサンチンについて

ルテイン、ゼアキサンチン

ルテインは緑黄色野菜におおく含まれるカロテノイドの一種です、ヒトの身体には眼や皮膚、子宮頚部、脳等に存在しており、特に眼には多くのルテインが存在します。
しかし、体内で生成することはできません。

40歳以降から体内のルテインが減少していくということが分かっていますので、ルテインを摂取することが大切になってきます。

食事でルテインを摂取するにはほうれん草やブロッコリー、ニンジンなどに多く含まれておりますのが、ルテインを十分量取るには食事では取りきれませんので、サプリメントで摂取することをお勧めいたします。

ゼアキサンチンもルテインと同じくは緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドの一種で、ルテイン、ゼアキサンチンともに、ブルーライトや紫外線など、さまざまな光の刺激から守る働きがあるとされています。
強力な抗酸化作用を持ち、ルテインとゼアキサンチンは共に目の黄斑部を光の刺激から守り、黄斑変性症や白内障の予防に対する効果が期待されている成分です。

黄斑部は眼球で最も光が集まる部分で、視力を支えている非常に重要な目の組織です。
日常生活においてこの黄斑部が光のダメージをほとんど受けずにすんでいるのは、ルテイン、ゼアキサンチンの働きが大きいのです。