DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に多く含まれているオメガ3系高度不飽和脂肪酸です。体内でEPA(エイコサペンタエン酸)からつくられ、脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、脳や神経組織の発育や機能維持の効果が期待されています。

DHAは体内で生成することができないので、青魚やサプリメントを摂取することをお勧めいたします。

アジやイワシ、サバ、カツオ、サンマ、マグロなど青魚の脂肪に多く含まれるほか、α‐リノレン酸を摂取すると体内でEPA(エイコサペンタエン酸)を経て、DHAが合成されます。

・DHAは、脳や網膜に作用することから、神経細胞膜を柔らかくすることで記憶力や学習能力を向上させる働きがあると言われています。
また、DHAは神経細胞を修復し、残った神経細胞の働きをサポートすることから、アルツハイマー型認知症に効果があるとされています。

・DHAは中性脂肪を減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあることから、血流改善、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の予防が大きく期待できます。

・DHAは涙の油層に作用することから、ドライアイの改善の効果も期待されております。