ビタミンB1

ビタミンB1は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらく、毎日を元気に過ごすために必要な栄養素です。倦怠感、イライラ感、むくみ、集中力の低下の予防にも。脳とからだ、両方の疲労に働いて、生活全般を元気にしてくれます。

ビタミンB1の健康効果

・糖質(炭水化物)の代謝
・アルコールの代謝
・脳の正常化と中枢神経・末梢神経の機能維持
・筋肉の疲労回復
・脳の疲労回復

ビタミンB1が不足するとどうなる?

・倦怠感、疲労、食欲低下、食欲不振
・動悸、息切れ
・手足にしびれ、感覚が鈍くなる、
・浮腫(むくみ)
・筋力低下、肩こり、腰痛
・記憶力低下、認知機能の低下、物忘れ、見当識障害(日付や場所がわからなくなる)
・集中力の低下、抑うつ気分、イライラ

ビタミンB1が必要なのはどんな人?

糖分をよく摂る人、お酒をたくさん飲む人、インスタント食品を頻繁に食べる人、激しい運動をする人は、特にビタミンB1が必要になります。

摂取目安

男性1.2~1.4mg
女性1.0~1.2mg 

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても体内に排出されます。通常の食事では過剰になる恐れはありません。サプリメントで長期に摂り過ぎると、頭痛、不眠、イライラ感、接触皮膚炎、かゆみなどの症状が現れることがあります。
ビタミンB群は互いに助け合い、効率的に働きます。特にB1、B2、B6の三つは、同時に同量とることが必要です。

ビタミンB1を多く含む食べ物

穀物の胚芽、豚肉、レバー、うなぎ、ぶり、かつお、豆類