待望のダイエットサプリメント誕生!運動と食事を考えて健康的に目標達成

黒田愛美医師監修したダイエットサプリメント
参考価格:7,980円(税抜)

美容とアンチエイジングの専門医が監修したダイエットサプリ。

脂肪と糖分をエネルギーに変える成分を配合。アマゾンだったら、通常配達送料無料でお届け。
黒田先生は、アンチエイジング関連の本も執筆するアスリート医師。

こんな方が購入されています!選ばれています!
お腹周りの脂肪が気になりだした。
運動とダイエットサプリを組み合わせたい
健康診断が憂鬱
通常の食事を楽しみたいが、代謝も気になる

ダイエットサポート成分一覧

サラシア

今話題の「サラシア」とは、インド・スリランカから東南アジアにかけて広く分布する植物で、現地では「奇跡の植物」ともいわれ古くから用いられてきました。

スリランカの王族はサラシアの幹などをくりぬいてコップにして、お水やお酒をいれて飲むことで健康維持に役立ててきたそうです。

また、サラシアにはサラシノール、コタラノール、マンジフェリン、カテキン類、タンニン類などのポリフェノールが含まれており、様々な栄養を補給できることが期待されています。

そのことから世界的にサラシアが研究され、2002年にWHO(世界保健機関)にも認められています。

今ではサラシアを使用したお茶やサプリメント(健康食品)、機能性表示食品などが市販されている人気の成分です。
 
サラシアは、「血糖値が気になる人のサプリ」のランキングでも上位に入っています。

体内フローラのバランスにアプローチしてスムーズに。
主食や甘いものをよく摂る方や、欧米化が進む食生活のサポートをします。

α-リポ酸

α-リポ酸はエネルギーを作ることを助ける補酵素として私たちの体に存在しており、糖質をエネルギー源に変換する手助けをしてくれます。
 
α-リポ酸が体内から少なくなるとエネルギーを作れなくなってしまいますが、体内にあっても、エネルギーを消費しないとエネルギーを作る事を止めてしまうため、健康な体を作るためには運動も大切なポイントです。

α-リポ酸は牛・豚の肝臓、心臓、腎臓に含まれており、また、ほうれん草、トマト、ブロッコリーなどにも含まれています。ただし、その量は多くなく、動物由来食品で1kgあたり1mg程度といわれています。

サプリメントで効率よく体内にお届け。ダイエット中の毎日のエネルギー不足に。厳しい糖質制限ができない方に。

L-カルニチン

L-カルニチンはアミノ酸の一種で、脂質をエネルギーに変えるサポートをしています。

脂肪酸と結合して輸送する役割をもっており、L-カルニチンがなければ脂肪酸からエネルギーの産生ができなくなってしまいます。
 
L-カルニチンはヒトの体でも作ることができますが、1日に作られる量は年齢と共に減少してしまうため、食事から補給することが大切です。

食品中のL-カルニチンは、主に肉類や乳製品に含まれており、肉の赤身(特に羊肉)にはL-カルニチンの含有量が多いと言われています。

ダイエット中は野菜中心であったり食事のバランスがうまく取れないこともありますので、成功させるためには、適度な運動はもちろん、食生活の見直しも大切なポイントとなります。

コエンザイムQ10(CoQ10)

コエンザイムとは日本語で「補酵素」のことを言います。コエンザイムQ10は学名でユビキノンと呼ばれ、ビタミンにも似ていることからビタミンQとも呼ばれています。

α-リポ酸とL-カルニチンの「火付け役」のようなもので、コエンザイムQ10がなければこれらからエネルギーが作られません。
 
体内での産生及び食事からの補給により維持されておりますが、年齢を重ねていくと減少してしまいます。なお、コエンザイムQ10を含む食品は、大豆、くるみ、アーモンド、ほうれん草、イワシなど青背魚などがありますが、しっかりと摂取しようとするとかなりの量を食べなければならず、不足分はサプリメント(健康食品)を利用するのが効率的です。

商品詳細

名称:
サラシアエキス末含有加工食品
原材料名:
L-カルニチンフマル酸塩、デキストリン、サラシアエキス末、コエンザイムQ10、α-リポ酸/HPMC、加工デンプン、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素
内容量:
37.2g(310mg×120粒 30日分)
お召し上がり方:
1日4粒を目安に水またはぬるま湯などでお召し上がりください。
摂取上のご注意:
●乳幼児の手の届かないところに保管してください。
●疾病治療中の方、授乳中や妊娠中の方は、事前に医師にご相談ください。
●食物アレルギーのある方は、事前に原材料名をご確認ください。
●本品には、α-リポ酸が含まれます。本品の摂取により、空腹感、あくび、悪心、冷や汗、手足の震えなどの症状が出た場合は速やかに摂取を中止し、医師または薬剤師にご相談ください。
●本品は、原材料の特性上、外観や匂いなどに多少の違いが生じる場合がありますが品質に問題ありません。

栄養成分表示(4粒1.24gあたり)

  • エネルギー5.59kcal
    たんぱく質0.16g
    脂質0.18g
    炭水化物0.85g
    食塩相当量0.005g

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

黒田 愛美医師のブログはこちら≫≫

効果的なダイエットについて

当然ですが、
摂取カロリー < 消費カロリー
このバランスが成り立たないと効果的なダイエットをすることはできません。
なお、体重1kgを減らすために約7,000kcal消費する必要があると言われています。
これを食事制限のみで達成しようとする場合、ごはん約41杯分(体重約60kgを目安)を我慢しなければなりません。
炭水化物を抜く方法や、たんぱく質のみ摂取する方法など、多くのダイエット法が紹介されていますが、偏った食生活を過ごすことで身体にとって必要な栄養はもちろん、食べることの楽しみもなくなってしまうおそれがあります。
 
そこで、消費カロリーをより多くするために“運動”が重要になってきます。
悩みの種でもある脂肪燃焼に重要なのは、やはり30分以上の有酸素運動。
ウォーキングやランニング、サイクリングに水泳などがありますが、久しく運動から離れていたという方は、ケガをしてしまうことがありますのでウォーキングからはじめてみましょう。
併せて食事のバランスを考慮することで摂取カロリーの調整もできるので、より効率の良いダイエットが期待できます。
汗をかくことでリフレッシュできるうえに新陳代謝をUPさせたり、筋力がつくことで基礎代謝が上がりダイエット向きのスタイルをキープすることができます。