EPA

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚に多く含まれているオメガ3系高度不飽和脂肪酸です。血液の健康に保ち、血栓ができにくくなり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるということから、血液をサラサラにすると言われております。

EPAは体内で生成することができないので、青魚やサプリメントを摂取することをお勧めいたします。

EPAが多く含まれている魚はイワシ、マグロ、サバ、マダイ、ブリ、サンマなどの脂肪に多く含まれています。

・EPAは血液に作用することがわかっており、血中の中性脂肪の分解や、中性脂肪を作らないようにするはたらきがあり、EPAを摂ることで、血中の中性脂肪を低減することができます。

・EPAの不足により、動脈硬化がすすむことによる血管が詰まるリスクが上昇することが分かっています。心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞などの動脈硬化性疾患を発症する人が年々増えています。

・EPAの摂取が、赤血球の膜の流動性を高めて血液粘度を下げ、血圧低下の方向に働くことが分かっております。

成分一覧