銅について

銅イメージ銅は、赤血球の形成を助け、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。身体の中にある銅の約50%は筋肉や骨、約10%は肝臓中に存在しています。銅が不足すると、鉄を血液のもととなる赤血球に変えられず、鉄欠乏性貧血を起こします。また、銅は血管壁や骨を強くするコラーゲンの合成にも関わっているため、不足すると骨粗しょう症や動脈硬化を招きやすくなります。

銅の健康効果

・貧血を予防する効果
・免疫力を高める効果
・動脈硬化を予防する効果
・成長を促進する効果
・髪や肌の健康を保つ効果

銅が不足するとどうなる?

・貧血
・骨粗しょう症
・動脈硬化
・毛髪の異常(白髪になりやすくなる›
・白血球減少
・心血管系の異常
・神経系の異常
・成長障害

銅が必要なのはどんな人?

銅の含有量が少ないミルクを主な栄養源としている乳児、未熟児、たんぱく質栄養障害、難治性下痢症などの人。

摂取目安

男性 0.8~1㎎
女性 0.6~0.8㎎

摂り過ぎたら? 飲み合わせは?

通常の食事では過剰になる恐れはありませんが、サプリメントなどで多量に摂取した場合には、肝障害などの恐れがありますので注意が必要です。

銅を多く含む食べ物

かき、するめ、牛レバー、ナッツ、大豆、ココア、ドライフルーツ

成分一覧